衣服に付いた黄ばみの落とし方は?自宅やクリーニング店での落とし方を紹介

真っ白なシャツなど、着続けているうちに黄ばみが気になってきたということはありませんか?

今回は衣服の黄ばみの落とし方について、原因や自宅で出来る落とし方などを詳しく解説します。

黄ばみをキレイにするおすすめの宅配クリーニングも併せて紹介しますので、衣服の黄ばみに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

アラクマ
白Tシャツやワイシャツに黄ばみがないかチェックしてみて!

黄ばみができてしまう主な原因

黄ばみができてしまう原因は、大きく分けて3つあります。

  1. 衣服についた汗や皮脂
  2. 衣服に残った洗剤
  3. 保管環境
アラクマ
それぞれ詳しく説明していくよ~

原因①汗・皮脂汚れ

汗を流す女性

衣服の黄ばみの原因の多くは、衣服に染み込んだ汗や皮脂です。

通常の洗剤では、繊維の奥に入り込んだ皮脂まで落としきれていないことが多く、これらが時間とともに酸化することで黄ばみになります。

黄ばみになりやすいのは、背中・脇・襟などの汗や皮脂が付きやすい部分なので、普段から着用後はその部分を丁寧に洗うように心がけましょう。

アラクマ
洗濯機に入れる前に、部分的に手洗いしておくと汚れが落ちやすいよ!

原因②洗剤のすすぎ残し

洗ったシャツ

洗剤は使用規定量を守っていますか?洗剤が多すぎると、石鹸のカスが残ってしまったり、少なすぎると洗浄力が落ちてしまい汚れが残ります。

また、洗濯ものを詰め込みすぎたり「お急ぎコース」を使っていたりすると、すすぎが不十分で洗剤が残り黄ばみの原因になってしまいます。

アラクマ
洗剤の使用規定量を守って、それに合った水量でしっかりすすぐことが大切なんだね。

原因③保管環境

closet

衣服の保管状態も黄ばみに影響があります。

直射日光や高温多湿の場所に長い間衣服を放置すると、衣服の繊維が変色して黄ばみが発生することがあります。

特にタンスやクローゼット、また梅雨の時期は湿気がこもりやすいので除湿剤などを置いて対応しましょう。

黄ばみは落ちずらいだけでなく、衣服まで傷んでしまいますので日頃から気をつける必要があります。

アラクマ
黄ばみやすい部分は日ごろからこまめにチェックしておこうね!

自宅でできる黄ばみの落とし方

衣服の黄ばみは自宅でも落とすことができます。

黄ばみを落とす際には衣服の素材によって洗剤を使い分けるなど、ちょっとしたコツが必要です。

黄ばみには漂白剤が有効

洗剤

手っ取り早く黄ばみを落としたい場合は、漂白剤の使用が有効です。

漂白剤は2種類のタイプがあり、衣服の素材や目的によって使い分ける必要があります。

色柄物 毛・絹 漂白作用
塩素系漂白剤(液体)
酸素系漂白剤(液体)
酸素系漂白剤(粉末) やや弱

こうしてみると、「酸素系」は色・柄物にも使用できるので、普段の洗濯や薄い黄ばみに適しています。

一方、「塩素系」は漂白力が強く色・柄物には使えないので、主に白いシャツなどについた濃い黄ばみに使用します。

衣服に合った漂白剤を選んで効果的に黄ばみを落としましょう。

アラクマ
部分的に黄ばみを落としたい場合は、黄ばみの元を分解するセスキ炭酸ソーダや重曹を使うと良いよ!

黄ばみを落とす洗い方

室内に干した白いシャツ

黄ばみを落とすためには、衣服に合った漂白剤を選んで浸け置き洗いするのが有効です。

今回は濃い黄ばみの落とし方をご紹介します。

準備するもの

  • 洗面器
  • 中性洗剤
  • 衣服に合った漂白剤
  • 歯ブラシ
  • 40℃位のぬるま湯

洗い方

  1. 中性洗剤を歯ブラシにつけ、黄ばみ部分を優しくこする
  2. 40℃ほどのぬるま湯に、漂白剤を規定量入れて泡立てながら溶かす
  3. ②の液に、衣服を20分程浸す
  4. 浸け置きが終わったら、洗濯機で通常とおり洗濯して完了。
アラクマ
薄い黄ばみの場合は、中性洗剤で黄ばみが付いている部分を落としてから洗濯機で洗ってね~
関連記事

普段使っている洗濯洗剤はどのように選んでいますか? 最近は洗濯洗剤の種類がたくさんあるので、何を基準に選べば良いのか迷ってしまいますよね。 値段・パッケージ・香りなど色々あると思いますが、実は汚れの種類や衣服の生地によってそれぞれ最適な[…]

laundry-detergent

黄ばみが落ちない場合はクリーニング店に依頼する

クリーニング店の中

自宅での洗濯で落としきれない黄ばみは、専門のクリーニング店に依頼すると落ちる場合があります。

クリーニング店での黄ばみの落とし方

黄ばみは、一般的にクリーニング店の通常クリーニングに含まれる「簡易シミ抜き」で落ちることがほとんどです。

黄ばみやすい白いシャツなどは、黄ばみが定着する前にクリーニングに出して予防するのが一番のケアになります。

黄ばみがひどい場合は「シミ抜き」や「黄ばみ落とし」のオプションメニューの他に「汗抜き」を追加し、物や厚い衣服の黄ばみを防止するのがおすすめです。

関連記事

衣服をクリーニングにする際に、オプション加工を依頼したことはありますか? オプション加工とは、ニーズに合わせてクリーニングにプラスできる追加メニューの事で、洗い方や仕上げ、さらには梱包や保存までさまざまな種類があります。 この記[…]

白いシャツ

黄ばみ落としの料金相場・日数

一般的な「黄ばみおとし」の料金は、通常のクリーニング料金に追加で300~500円程です。

ただ、高級素材の服や色柄物の服はやや割高で、お店によっては追加で700~2,000円程かかる場合があります。

また「汗抜き」は黄ばみの原因となる汗を除去するオプションで、料金は通常のクリーニング料金に追加で500~700円程です。

かかる日数は基本的には通常クリーニングと同じですが、広範囲の黄ばみや濃い黄ばみだと、仕上がりに3日~1週間ほど要する場合があります。

黄ばみ落としにおすすめの宅配クリーニング3選

お店に依頼する場合、黄ばみ落としにおすすめの宅配クリーニングは以下の3社です。

  1. ワードローブトリートメント
  2. リネット
  3. カジタク
アラクマ
数量や素材によって合いそうな宅配クリーニングを選んでね!

高級素材の黄ばみを落とすなら「ワードローブトリートメント」

ワードローブトリートメントトップページ

ワードローブトリートメントは黄ばみが落ちずに諦めかけていた服でも丁寧に仕上げてくれると話題のクリーニングです。

長年培った独自のシミ抜き技術で、時間が経った黄ばみでも対応可能で、一点ずつ素材や黄ばみに合わせてクリーニングを行います。

料金はやや高めですが、大事な服や高級服などの黄ばみをどうしても落としたい人におすすめのクリーニングです。

  • 黄ばみの度合いや素材別に一点ずつ丁寧にクリーニング
  • シミ抜きの技術が高く、幅広いシミや黄ばみに対応
  • 大事な衣服のいざという時のクリーニングにおすすめ

1着からでもキレイに仕上がる「リネット」

リネットのトップページ

宅配クリーニングの大手のリネットは1着からクリーニングが依頼でき、価格もリーズナブルです。

リネットは黄ばみなどを含むシミ抜きに定評があり、軽度の黄ばみなら通常クリーニングで十分に落ちると言われています。

プレミアム会員になるとさらにリーズナブルで仕上がりも早いため、頻繁に利用する人はプレミアム会員登録をおすすめします。

  • 1着から依頼でき、スピーディでリーズナブル
  • シミ抜きに定評があり、黄ばみにも強い
  • プレミアム会員登録でさらにお得に

真っ白な洗い上りが気持ちいい「カジタク」

カジタク

イオングループが運営する宅配クリーニングのカジタクは、通常のクリーニングの中に簡易シミ抜きが含まれており、軽度の黄ばみなら通常クリーニングで十分に落とすことができると評判です。

カジタクは衣服のカウント方法が特殊で、ワイシャツやネクタイは3枚で1点でカウントされるため、黄ばみやすいワイシャツもリーズナブルにクリーニングができます。

黄ばみがひどい服や、高級な衣類の場合は、老舗クリーニングの「白洋舎」が手掛けるプレミアムパックがおすすめです。

  • 通常クリーニングでも十分に黄ばみを落とせる
  • ワイシャツは3枚で1点としてカウント
  • 高級衣服用のプレミアムパックなら、さらに丁寧でキレイな仕上がりに
関連記事

宅配クリーニングといっても、現在はたくさんのサービスがあるので、どこを選ぶかで迷いますよね? そこでこの記事では、数ある宅配クリーニングのサービスを比較し、目的別におすすめする宅配クリーニングのランキングTOP3を紹介していき[…]

宅配クリーニングのランキング

黄ばみがある衣類をクリーニングに出すときの注意点

白いシャツ

クリーニングで黄ばみ落としを依頼する際は以下の3点に注意しましょう。

  1. 黄ばみがある箇所の把握
  2. 洗濯表示マークを確認
  3. 返却後は黄ばみが落ちているかチェック

黄ばみがある箇所を把握する

まずはどこに黄ばみがあるのかをしっかり把握し、クリーニングを依頼する際にはその部分をしっかり伝えましょう。

黄ばみは、わき部分や襟部分など落ちにくい箇所についてしまいます。

気づきにくい場所の黄ばみの場合は、クリーニングの際に見落とされてしまう事もあるので、どの部分の黄ばみを落として欲しいのか、印を付けたりメモして伝えておくとなどすると確実でしょう。

洗濯タグを確認する

クリーニングを依頼する際には洗濯表示マークをしっかりと確認しましょう。

場合によっては、特別な処理をしなければいけない素材や作りの服があります。

知らずにクリーニングに出してしまうと「対応不可」となり、そのまま返品されてしまうこともあるので気をつけましょう。

関連記事

衣服の内側についている洗濯表示、目にする機会は多くても意味が分かる方は少ないんじゃないでしょうか。 色々な記号がたくさん書いてあって全部を理解するのは大変ですよね。 でも意味がわかるとスムーズに洗濯ができて、衣服のお手入れもしや[…]

洗濯マーク

返却後は黄ばみが落ちているかチェック

クリーニング返却後は衣服の仕上がりの状態をくまなくチェックし、黄ばみが落ちたのか確認しましょう。

黄ばみが落ちていない場合はクリーニング業者によっては、再仕上げも依頼できます。

アラクマ
クリーニング前に写真を撮っておいて、仕上がりと比較するのもおすすめだよ!

黄ばみがつかないようにこまめにお手入れをしよう

自宅での洗濯

  • 汗や皮脂がついた服はすぐに洗い、すすぎをしっかりと行う
  • 黄ばみには漂白剤が有効
  • 素材や目的に合わせて、洗剤・漂白剤・洗い方を変える
  • 高温多湿じゃないところで、衣服を保管する
  • 黄ばみが気になる場合は早めにクリーニングに依頼する

まずは黄ばみの元となる汗染みや皮脂汚れをこまめに洗って落とすことが重要です。

正しい方法で黄ばみを落として、大事な服をいつまでもきれいに保ちましょう!

アラクマ
日ごろのお手入れ次第で黄ばみのつき方も変わってくるよ!

宅配クリーニングのランキング

どの宅配クリーニングを選べば良いのかわからないという方向けに、ニーズや料金に合わせておすすめする宅配クリーニングランキングを紹介します!