靴のクリーニングの料金・仕上がり日数ってどれくらい?気になるポイントを解説

靴は直接地面に触れるため、衣服よりも汚れが付きやすいアイテムです。

スニーカーや布靴の場合は気軽に洗うことができますが、革靴などは表面を磨くことはあっても、中の汚れを自分で落とすのはなかなか難しいところです。

また、高価な靴を大事に保管するあまり、カビが発生してしまったということはありませんか?

革靴やブーツなど、自分ではなかなかお手入れがしにくい靴こそ、クリーニングが必要になってきます。

アラクマ
大事な靴ほど汚れが気になるよね!

靴はクリーニングに出すべき?

代表的な靴のクリーニング方法は下記のとおりです。

  1. 靴修理専門店
  2. 店舗型クリーニング店
  3. 宅配クリーニング店

靴修理専門店

店舗型の靴修理店でのクリーニングの場合、対応可能な靴の種類が多く、靴の修繕も可能です。

しかし店舗数は少なめなのがややネックです。

店舗型クリーニング店

店舗型クリーニング店でも靴のクリーニングを受け付けている場合がありますが、対応している靴の種類が限られている場合も多いです。

宅配クリーニング店

宅配クリーニングは対応可能な靴の種類も多く、保管サービスを行っている業者も多いです。

ネットで24時間注文可能で、多くの場合はセット料金になっているため、依頼数が多いほどお得になります。

クリーニングができる靴の種類とは?NGな靴もある?

宅配靴をクリーニングに出す場合、対応できる靴と対応不可になる靴を調べました。

状態によってはクリーニングの際に免責事項になってしまうケースもあるため、クリーニング依頼の際の参考にしてください。

クリーニングに出せる靴

  • スニーカーや布靴
  • パンプス、ヒール靴
  • ローファー、モカシン、ブーツ類
  • 革靴やレザーブーツ、レザーサンダルなど

クリーニングを依頼する際には頼みたい店舗のクリーニングの際の注意事項をよく読んでおきましょう。

不明な点がある場合には、店舗に直接問い合わせをするのが確実です。

クリーニングに出せない靴

以下のような靴はクリーニングに出せない場合があります。

  • 明らかに破損している靴
  • 劣化している合成皮革の靴
  • エナメル加工やアリニン仕上げなど特殊加工が施されている靴
  • 爬虫類(蛇など)の皮の靴

上記の靴は店舗でも宅配クリーニングでも受け付けてはもらえません。

特に破損している靴や劣化している靴は、クリーニングによってさらに傷んでしまいます。

下記のような状態の靴は免責扱いになる場合があります。

  1. 古い靴。製造から5年が目安
  2. 中敷きがはがれていたり接着タイプのもの

破損や劣化した靴はクリーニングには向いていないので、日ごろからこまめなお手入れを心がけましょう。

靴のクリーニングにかかる日数や料金は?

靴のクリーニングの手順を簡単に説明しましょう。

  1. 洗い:素材や選択したコースによって洗い方は異なります
  2. 除菌・消臭:ここでさまざまな加工を施します
  3. 成形:靴の形を整えます
  4. 乾燥:除湿器や乾燥機などで乾燥させます
  5. 仕上げ:磨きや補修をします

オプションや修理を含めるとさらに日数がかかります。

靴のクリーニングにかかる日数は?

各店舗のクリーニングの依頼から仕上がりまでの日数の目安を下記にまとめました。

靴修理専門店 4日~1週間
クリーニング店 10日~2週間
宅配クリーニング 2週間~3週間

クリーニング日数は店舗によって異なります。急ぎの場合は靴修理専門店などがおすすめですが、店舗数が少ないのがネックです。

また、近年は宅配クリーニング店などで靴をクリーニングしてから保管をしてくれるサービスがあります。

保管サービスは期限内であればいつでも好きな時に返却してもらえるため非常に便利です。

靴のクリーニングの料金相場

靴のクリーニングの料金相場をまとめました。

靴修理専門店 1足あたり約2000~8000円
クリーニング店 1足あたり約2000~7000円
宅配クリーニング 1足あたりの相場が約2500~6000円

靴修理専門店の場合の料金相場はオプションやコースによりますが、靴に修繕や特殊加工が必要な場合がさらに追加料金が発生する場合があります。

クリーニング店の場合、革靴などの場合は磨きのみのサービスもあり、その場合は1000円~と割安の料金になります。

宅配クリーニングの場合は、追加料金で保管サービスを行っているところもあり、保管料金は1足あたり600~1000円程度です。

おすすめの靴の宅配クリーニング紹介!

料金も手ごろで、手間もかからない宅配の靴クリーニングはネットを中心に広がりを見せています。

ここではネットで注文できるおすすめの宅配クリーニングサイトの料金や特徴を紹介していきますので、各サイトの特徴を見ながら、手持ちの靴にあったお店を検討してみてください。

靴リネット

靴クリーニングのHP

靴リネットは宅配クリーニング大手のリネットの靴クリーニング専門サイトで、クリーニング対応できる靴が多く、撥水加工などのオプションが充実しています。

最大9カ月の保管サービスがあり初回割引やクーポンが充実しています。

料金はスタンダードコースの場合は1足あたり4980~6480円で、保管は1足につき1000円の追加料金で可能になります。

美靴パック

美靴パック

美靴パックは2足パックで5500円と格安でのクリーニングで、対応してくれる靴の種類も豊富です。

美靴パックの場合、姉妹サイトである靴磨き隊にて靴の修理も可能で、配送は佐川急便利用の場合無料になります。

保管サービスもあり、1足につき追加料金600円で最大7カ月まで保管が可能です。

ロイヤルクローク

ロイヤルクローク

ロイヤルクロークは3足まで均一料金のパック料金のみの料金体系です。

1足あたり4400円~ですが、対応可能な靴の種類も多く、追加料金でリペアも可能です。

保管サービスもあり、最大10カ月の保管が可能で、さらい追加で1カ月1000円で保管期間の延長(最大6カ月)ができます。

目的別おすすめの宅配靴クリーニング

宅配クリーニングも依頼したい内容によっておすすめしたいサイトが異なります。

安く仕上げるなら「美靴パック」

価格の面では1足あたり2700円前後でクリーニングができる「美靴パック」がおすすめです。

対応できる靴の種類も多く、どちらも修理に対応しているため、コストパフォーマンスの高い宅配クリーニングです。

保管サービスを利用するなら「靴リネット」か「ロイヤルクローク」

今回紹介した宅配クリーニングで保管を行っているのは下記の3社です。

  • 靴リネット 最大9カ月
  • 美靴パック 最大7カ月
  • ロイヤルクローク 最大10カ月

なかでも靴リネットは、数を頼むほど1足の料金がお得になります。

さらに1足につきプラス1000円最大9カ月まで保管が可能で、クーポンも充実しているのでお気に入りの靴が多すぎて収納などに悩んでいる人にいちおしの宅配クリーニングです。

まとめ

  1. 大事な靴こそクリーニングに出すべき
  2. 靴のクリーニングは店舗・靴修理店・宅配クリーニングから選べる
  3. 宅配クリーニングは組み合わせによってはかなりお得に!
  4. 宅配クリーニングは靴の長期保管サービスが可能

靴は衣服よりも汚れやすいため、こまめなお手入れが必要です。

靴のクリーニングは靴専門の修理店やクリーニング店に加え、便利な宅配クリーニングなどさまざまな方法から選ぶことができます。

靴の状態に合わせて、適切なクリーニングを選択しましょう。

アラクマ
とっておきの靴こそクリーニングに出すべきなんだね!

宅配クリーニングのランキング

どの宅配クリーニングを選べば良いのかわからないという方向けに、ニーズや料金に合わせておすすめする宅配クリーニングランキングを紹介します!