靴のクリーニングの料金・仕上がり日数ってどれくらい?おすすめクリーニングも解説!

靴のクリーニングは、種類によってはお手入れの方法を間違えてしまうと、シミができたり、変色したりすることがありますが、大事にしている靴やハイブランドの靴ほど、できるだけ長く大事に使っていきたいですよね。

そこでこの記事では、靴のクリーニングのお店の種類、クリーニングに出せる・出せない靴の種類、おすすめの靴のクリーニング店、料金の相場について徹底的に解説していきます。

現在靴のクリーニングに関して、困ってる人はぜひ参考にしてください。

アラクマ
後半ではおすすめの靴のクリーニング店についても紹介しているよ!

靴はクリーニングに出せる?

革靴2

結論から言うと、靴はクリーニングに出すことが可能です。

スニーカーはもちろん、革靴や、サンダル、ブーツなど基本的に大体のものはクリーニングが可能で、たとえ水虫原因菌のついた靴であっても対応してくれるお店もあります。

ただし、破損や劣化がひどい靴は、クリーニングによってさらに傷んでしまう可能性があるため、そういった靴をクリーニングに出す場合は、事前にクリーニング店に必ず確認するようにしましょう。

靴のクリーニングができるお店の種類

靴のクリーニングを行ってくれるお店は大きくわけて3つのタイプがあります。

  1. 靴修理専門店
  2. 店舗型クリーニング店
  3. 宅配クリーニング店

靴修理専門店

名前の通り、靴の修理やクリーニングを専門に行うお店です。

専門に行なっているお店のため、対応可能な靴の種類が多く靴の修繕も可能で、安心して任せることができ、直接気になる部分や希望なども伝えやすいのがメリットです。

一方で、店舗数が少ないため、住んでいる場所によってはそもそも近所に店舗が無いということがあります。

店舗型クリーニング店

通常の洋服のクリーニング店です。

店舗型クリーニング店でも靴のクリーニングを受け付けているお店もあり、服のクリーニングと同じ感覚で出すことができます。

ただし、対応している靴の種類が限られている場合も多いので、どの靴なら出せるのかを事前に確認しておく必要があります。

宅配クリーニング店

自宅で注文→集荷→返却までが完結する最近流行りのネット型のクリーニングサービスです。

宅配クリーニングは対応可能な靴の種類も多く、ネットで24時間注文可能、さらに保管サービスを行っている業者も多く非常に利便性が高いです。

また、多くの場合はセット料金になっているため、依頼数が多いほどお得になります。

アラクマ
宅配クリーニングについては下記の記事で詳しく解説してるよ!
関連記事

宅配クリーニングとは、宅急便を利用し、ネットで注文できる新しいタイプのクリーニングです。従来の店舗型のクリーニングと比べて、 自分で持ち運ばなくて済む 一度に大量の衣類を頼める 自分の好きなときに気軽にオーダー[…]

宅配クリーニングの正しい選び方

クリーニングに出せる・出せない靴の種類

クリーニングに出せる靴・出せない靴を簡単にまとめると以下の通りです。

クリーニングに出せる靴

  • スニーカーモカシン、レザーブーツ類
  • パンプス、ヒールなどの婦人靴
  • ローファー、革靴などの紳士靴
  • カビの生えた靴、臭いのある靴
アラクマ
店舗によって若干違いはあるけど、基本的には大体の種類の靴に対応しているよ!

クリーニングに出せない靴

  • 明らかに破損している靴
  • 劣化している合成皮革の靴
  • 爬虫類(蛇など)の皮の靴
  • 排泄物・嘔吐物が付着している靴
  • スパンコールなどの装飾品が多数ついている靴
アラクマ
簡単にいうと、極端に劣化・破損していたり、形状的にクリーニングが難しいものは出すことができないよ!

免責扱いになる可能性のある靴

  • 製造から5年以上経過している古い靴
  • 中敷きがはがれていたり接着タイプの靴
アラクマ
表面上は問題がなくても、内部の劣化が激しかったり、洗っただけで剥離・破損する可能性があるものは免責扱いになることもあるので要注意だよ!

靴のクリーニングにかかる日数や料金相場

靴のクリーニングにかかる日数や料金は下記の通りです。

仕上がり日数は約1~2週間

店舗の種類仕上がり日数
靴修理専門店4日~1週間
店舗型クリーニング店10日~2週間
宅配クリーニング2~3週間

クリーニングの仕上がり日数は業者によって異なりますが、大体1週間~2週間ほどです。

急ぎの場合は靴修理専門店が仕上がりまで4日と早いですが、宅配クリーニングも特急便やお急ぎコースを使用すれば、約5日ほどで仕上がります。

料金相場は約2,200~8,800円

店舗の種類1足あたりの料金オプション料金
靴修理専門店約2,200~8,800円靴磨き:1,100円
店舗型クリーニング店約2,200~7,700円靴磨き:1,100円
宅配クリーニング約2,750~6,600円保管:660~1,100円

料金相場は大体2,200~8,800円で、靴に修繕や特殊加工が必要な場合はこれにさらに追加料金がかかります。

靴専門店、店舗型クリーニング店は、革靴など一部の種類限定で「磨き」のみのサービスも実施しており、1足あたり1,100円程度で利用が可能です。

宅配クリーニングの場合は、1足あたり約660~1,100円で約半年間、靴を預かってもらうことができます。

宅配型の靴のおすすめクリーニング店3つ

ここまで靴のクリーニングの種類や料金相場などを紹介してきましたが、実際に靴のクリーニングを出すならどこがいいのかということがやはり気になるかと思います。

そこで、ここからはネット型の宅配クリーニングの中で

  • 靴のクリーニングを取り扱っている
  • 宅配クリーニングの中でも人気がある

以上の条件を満たす、おすすめの靴のクリーニング3社を紹介していきます。

アラクマ
各サイトの特徴を見ながら、目的に合ったクリーニング業者を検討してみてね!

とにかく料金が安い「美靴パック」

美靴パック

おすすめ度
料金(2足コース)5,500円(税込)
※毎週先着100名様限定価格
仕上がり日数14日~
保管あり(最大7ヶ月)
無料サービス特になし

美靴パックは、とくにかくコスパに優れた宅配クリーニングです。

毎週先着100名の数量限定ですが、このキャンペーンを利用すると、どんな種類の組み合わせでも2足5,500円という業界最安級の料金でクリーニングができます。

また「撥水加工」や「最適仕上げ」といったオプションが充実しているうえに、保管サービスもあり、1足につき追加料金660円で最大7ヶ月まで保管できます。

アラクマ
数量限定だけど、コスパ重視で選びたいという方には最適だよ!
\毎週先着100名限定!2足で5,500円/

まとめて出すor保管サービスなら「靴リネット」

靴クリーニングのHP

おすすめ度
料金(4足コース)ライトコース:1足あたり2,728円
スタンダードコース:1足あたり5,478円
スペシャルコース:1足あたり6,358円
仕上がり日数14日~
保管あり(最大9ヶ月)
無料サービスしみ抜き、ブラッシング、撥水加工(※プランによる)

靴リネットは宅配クリーニング大手「リネット」の靴クリーニング専門サイトで、スポーツシューズやムートンブーツ、革靴など様々な種類の靴に対応しています。

リネットには3種類のコースがあり、どのコースにするかで無料オプションの内容が異なりますが、人気のスタンダードプランでは、補色やしみ抜きのブラッシングも行ってくれます。

また保管に関しては、1足当たり1,100円で最大9ヶ月まで預けることができるので、靴が多くて収納や管理に悩んでいる人やまとめて靴をクリーニングに出したい方に特におすすめです。

アラクマ
リネットは出す靴の数が多いほど、お得になる料金システムになっているよ!
\1,100円で最大9ヶ月間保管!/

ハイブランドの大事な靴なら「ワードローブトリートメント」

ワードローブトリートメントトップページ

おすすめ度
料金(個別注文)5,280円~(税込)
仕上がり日数2~3週間
保管あり(最大7ヶ月)
無料サービスしみ抜き(簡単に取れた場合)

ワードローブトリートメントは創業40年を超える老舗の高級クリーニング店です。

「一客洗い」といって、預かった衣類や靴を、専用機で1点ごとに丁寧にクリーニングしており、ハイブランドや皮革製品の取り扱いにも長けているため、大切な靴を安心して任せることができます。

また、1足あたり2,200円で最大7ヶ月間の保管が可能です。

アラクマ
料金は正直安くないけど、大事な靴を出すならここが一番おすすめだよ!
\プロ職人が対応!一客洗いの高品質/

靴をクリーニングに出す際の注意点

靴をクリーニングに出す際の注意点は以下の2点です。

  1. クリーニングに出せる素材・状態かを確認する
  2. どれぐらい汚れが落ちるかを事前に聞く

クリーニングに出せる素材・状態かを確認する

前述の通り、素材や状態によってはクリーニングに対応していない素材もあるので、出そうとしている靴の素材を取り扱っているか事前に確認しておくことが大事です。

例えば、スパンコールや装飾品がたくさんついている靴は、洗浄中に取れてしまう可能性があるため、取り扱い除外品としているところもあります。

また、「劣化が激しい靴」、「クリーニング前後で状態が変わらないと予想される靴」もクリーニングができない可能性があるので、そういった靴を出す場合は必ず一度確認しておきましょう。

どれぐらい汚れが落ちるかを事前に聞く

プロが行うクリーニングでも、やはりシミ抜きや補色などには限界があります。

例えば、ヘアカラー剤やインク類によってできたシミは落とせませんし、補色も起毛素材やエナメル地など表面が銀面でないものはできません。

汚れに関しても状態によっては、自分が希望する仕上がりにならない事もあるので、汚れなどがひどい場合は事前にどこまで対応しているかや、どの程度まで落ちるかを問い合わせておくと安心です。

靴はコインランドリーで洗える?スニーカー以外はやめた方が良い

最近はコインランドリーでも靴のクリーニングができるところが増えており、中には専門のマシンを導入しているところもあります。

スニーカーや布靴の場合、こういったコインランドリーのマシンでも気軽に洗うことができますが、ムートン、スエードなどは洗えても乾燥が難しく、万が一失敗すると、シミができてしまったり変色してしまうことがあります。

なので、このような難しい素材の靴に関しては、コインランドリーではなくクリーニングのプロに任せた方が良いと言えるでしょう。

大切な靴ほどクリーニングに出そう

革靴

少し長くなりましたが、改めて今回のポイントをまとめると下記の通りです。

  • 靴のクリーニングは店舗・靴修理店・宅配クリーニングの3種類
  • 大抵の靴はクリーニングに出すことが可能
  • 一部破損や劣化が激しいものはクリーニングに出せない
  • ネットで完結する保宅配クリーニングがおすすめ

靴の種類によっては、自分でお手入れするのが難しいこともあるので、特に大事にしている靴ほど、プロのクリーニングにお願いしてクリーニングしてもらい、大切に履くようにすることをおすすめします。

アラクマ
大事な靴ほど丁寧にお手入れして長く履けるようにしよう!

宅配クリーニングのランキング

どの宅配クリーニングを選べば良いのかわからないという方向けに、ニーズや料金に合わせておすすめする宅配クリーニングランキングを紹介します!