ジャケットのクリーニングの料金相場・頻度は?気になるポイントを徹底解説!

ジャケットは普段から頻繁に着るもののため、クリーニングに出す頻度のほか、縮みやシワなどといった、他の服にはないような気になるポイントがたくさんありますよね。

そこで今回は、そんなジャケットのクリーニングに関する基礎知識から、頻度の目安、クリーニングの日数、クリーニングの料金相場などについてについて紹介していきます。

アラクマ
ジャケットのクリーニングが丸分かりになるように解説していくよ~!

自宅でも洗える?ジャケットのクリーニング方法について

お店でのドライクリーニング

ジャケットは特殊な服なので、クリーニング方法について気になる方は多いかと思いますが、ジャケットは、

  • ドライクリーニングで仕上げるのが一般的
  • 自宅では極力洗わない

ということをまず覚えておきましょう

ジャケットは水洗いではなくドライクリーニングで綺麗にする

ジャケットのクリーニングは基本的に「ドライクリーニング」という、水を使わずにクリーニングする方法で綺麗にするのが一般的です。

水を使って手洗いは可能ですが、水洗いでは「縮み」や「型崩れ」をおこしてしまいますので、形を崩さずに綺麗にするには、専門の機械を使っうクリーニング店に出すのが一番です。

自宅でのクリーニングはおすすめしない

「少しでもクリーニング代を浮かしたい」、「出しに行くのが面倒」と思い、自宅でも洗いたいという方もいるかもしれませんが、前述の通り、水洗いでは縮みや型崩れが起きてしまいます。

手洗い自体は可能ですが、水につけてしまうと不要なシワも入ってしまう恐れもあるので、ジャケットを自宅で洗濯するのは極力控えるようにしましょう。

忙しい人は宅配クリーニングを利用する

クリーニング店に行く時間が惜しいという方は、ネットで依頼ができる宅配クリーニングを利用しましょう。

ここ数年で浸透してきたサービスですが、宅配クリーニングならお店に行かずとも、自宅で集荷・受け取りができるので自分の都合でクリーニングに出すことができます。

周りにクリーニング店が少ない方や、クリーニングが面倒に感じる方は積極的に活用していきましょう!

ジャケットをクリーニングに出す際の注意点

ジャケットのクリーニングを行う際に発生する生地の縮みなどのトラブルや予防法についても紹介していきます。

実際にジャケットをクリーニングに出すにあたっては、

  1. 洗える素材であるかどうか
  2. 縮みが出るかどうか

この2つについて、事前に必ず確認しておきましょう。

ジャケットの素材を確認しよう

どんな洋服にも言えることですが、素材の確認はしっかり行いましょう。

主に、ジャケットの使われている素材は、「ウール」や「リネン」などの洗濯に気を使う素材が多いです。

自宅で洗濯の可能なコットン素材の物もありますが、高いジャケットは主にウール素材であることが多いので、クリーニングに出すまえにはまずしっかりと素材の確認をしてください。

ジャケットが縮むかもしっかりと確認しておく

基本的にウールやコットンなどの素材は、水洗いすることによって縮む素材です。

例えばウール素材の中でも「織り」と「編み」などによっても、素材の性質が変わることもあります。

もし品質表記を見ても分からない場合は、クリーニング店などに直接聞いてみるのがいいでしょう。

ジャケットのクリーニング頻度は?

カレンダー3

ジャケットを着ていると、クリーニングに出すタイミングで迷うことはありませんか?

汚れ分かりづらいや毎日着ることによって、ついつい出しそびれてしまうこともしばしばあるとおもいますので、ここからはジャケットをクリーニングに出すタイミングの目安を簡単に解説していきます。

普段よく着る人の場合は目安は月1回

ビジネスなどでジャケットを毎日のように着用する人の場合、クリーニングの頻度はこまめに行った方がいいでしょう。

ジャケットはにはホコリ・汗・匂いが常に付着しているほか、目に見えづらい皮脂汚れや汗などもたまるので、定期的にクリーニングをしないと不潔です。

なので、季節に関係なく、基本的には月に1回のペースでクリーニングに出すことをおすすめします。

ジャケットを普段あまり着ない場合は年1回

イベントや行事の際にしかジャケットを着用しない人の場合は、着用の前後いずれかのタイミング、もしくは最低でも年1回クリーニングに出すことをおすすめします。

全く着ていないジャケットもクローゼットの中で長期間入れておくと、ホコリや匂いが付いてしまいますし、害虫などが洋服に住みついている可能性もあります。

また、クリーニングに出さずに長期間ジャケットを放置しておくと、シミや汚れが落ちにくくなり、ジャケットの痛みも早くなってしまいますので、クローゼットの中にしまっておけば安心という考えは一度捨て、最低でも年に1回はクリーニングに出すようにしましょう。

ジャケットのクリーニング日数や料金相場は?

コインを数える女性

続いて、ジャケットのクリーニングにかかる日数や料金相場を解説していきます。

ジャケットのクリーニング日数は大体2~5日

ジャケットのクリーニングにかかる日数は、店舗によって異なりますが一般的なドライクリーニングの場合は大体2~5日程度です。

もちろん、ビスポークと言われるような手縫いなどの洋服は別ですが、基本的にジャケットの洗濯方法は限られており、クリーニング店側も持ち込まれる頻度が多いので、ジャケットの衣類はクリーニング日数が比較的短めになっています。

ただし、ニット素材のジャケットなどはセーター類と同じ扱いになることも多く、クリーニング完了までにに4~5日程かかってしまうこともあるので注意してください。

また、ジャケットの汚れ具合によってはウェットクリーニングが必要な場合もあり、ウェットクリーニングの場合はやや時間を要するため、仕上がりまでに1週間程度かかります。

クリーニング料金の相場は大体1,000円前後

ジャケットのみ場合 上下セットの場合
白洋舎 1,230円(税抜)~ 1,900円(税抜)~
ホワイト急便 530円(税抜)~
リネット(宅配クリーニング) 950円(税抜)~ 1,410円(税抜)~

上下などでは2,000円〜3,000円が一般的ですが、実店舗型やネット型のクリーニング店の相場はジャケット単体で1,000円前後が一般的な価格です。

クリーニング最大手の白洋舎ではジャケット単品で1230(税抜)~となっていますが、ジャケットの素材や汗抜きなどのメニューなどによっても料金は異なりますので、あくまでも上記は参考程度に、詳しい価格はクリーニングをお願いするお店の料金を確認してみてください。

ジャケットを即日でクリーニングしたい場合

ジャケットの画像1

急な用事やイベントで、ジャケットを突然着なければいけなくなった経験はありませんか?

実は即日クリーニングで仕上げてもらう方法もありますので、こちらも参考程度に紹介します。

早朝の時間帯にクリーニングに出す

意外と知られていないのですが、早朝にクリーニングに出した衣類はその日の夕方以降に帰ってくることが多いです。

お店によって集荷する時間帯なども違うので一概には言えませんが、都内や市街地にあるクリーニング店では、早朝サービスをしているお店も少なくないので予備知識として知っておきましょう。

クイック仕上げサービスを頼む

これも限られたクリーニング店にあるサービスなのですが、別途料金を支払い、優先的に仕上げてもらう「クイック仕上げ」というサービスを利用するのも一つの手です。

急ぎでジャケットが必要になった時は使いたいサービスですので、近くに可能なお店があるか時間がある際は確認しておくことをおすすめします。

まとめ

ジャケットのクリーニングは

  • 自宅では洗わずにクリーニングに出す
  • ドライクリーニングで水を使わずに仕上げるのが一般的
  • 縮んだり、洗える素材かどうかを事前に確認する
  • クリーニングにかかる日数は2~5日前後
  • よく着る人は月1回、着ない人でも年1回はクリーニングする
  • 料金の相場を把握しておく(平均1,000円)

まずはこれらをしっかりと抑えることが大切です。

定期的にクリーニングに出し、お手入れをしながら、できるだけ長く着用していってください。

アラクマ
正しい知識でクリーニングをして、ジャケットをビシッと着こなしていこうね!

宅配クリーニングのランキング

どの宅配クリーニングを選べば良いのかわからないという方向けに、ニーズや料金に合わせておすすめする宅配クリーニングランキングを紹介します!