衣服の色落ちは染め直し可能!自宅やクリーニング店での染め直し方法を徹底解説!

お気に入りの服でも、長年着続けているとどうしても服の色落ちが目立つようになりますよね。

一度色落ちしてしまうと気持ち的に着る気が失せてしまったり、場合によっては捨ててしまう方もいるかもしれません。

しかし、実は色落ちしてしまった服は染め直しを行うことによって、完璧とはいかないまでも元の状態に近づけることが出来ます!

この記事では、そんな色落ちしてしまった服の染め直し方法について詳しく解説していきます。

アラクマ
セルフでの染め直しから、染め直しのおすすめ専門店まで詳しく紹介するよ!

衣服の色落ちの原因は?

服の色落ちには大まかに分けて3つのパターンがあります。

  1. 紫外線による日焼け
  2. 汗や洗濯の積み重ね
  3. 漂白剤や洗剤の相性

紫外線による日焼け

洗ったシャツ

日光の下で長い間服を着続けていたり、長期間に渡って放置しておくと、日焼けによって衣服の色が損なわれることがあります。

これは紫外線によって衣服の染料が劣化してしまい、色が落ちたように変色してしまうことが原因です。

特に化学繊維を使用した衣服は紫外線によって色の劣化が起こりやすい傾向があるので、保管の際には直射日光が当たらないよう注意しましょう。

アラクマ
ちなみに紫外線は直射日光だけでなく、蛍光灯などからも出ているから室内で保管するときも注意した方が良いよ!

汗や洗濯の積み重ね

洗濯物を干している様子2

普段汗をかいたまま着続けたり、洗濯を何回も繰り返すことによっても、衣服の色は段々と落ちてきます。

また、レーヨンや革素材などの服に関しては洗濯で色落ちがしやすい傾向があるので、正しい洗濯の仕方で処理したり、大事な服の場合はこまめにケアして大事に着てあげることが大事です。

アラクマ
これに関しては防ぎようがないことだけど、とにかく大事に着たり、適切にお手入れをしてあげることが一番だね。
関連記事

「洋服の素材ってたくさん種類があるけど、それぞれどんな特徴があるの?」と気になりますよね。 この記事では、一般的な洋服に使用させれる素材や繊維の特徴を比較しながら、詳しく解説しています。 洋服に使われる素材の種類や、それぞれの特[…]

繊維工場の写真

漂白剤や洗剤の相性

洗剤が置かれている様子

日常的に使用している洗剤が衣服に合わない場合も、色落ちを起こすことがあります。

特に色落ちしやすい服を洗濯をする際に誤って漂白剤を入れてしまったり、脱色剤などを使用する際に、誤って服に付着しその部分だけ穴が開いたように色落ちをしてしまうのはよくあるケースです。

特に漂白剤や脱色の可能性のある薬品を使用する際には、服との相性を確認したり、使用する際に服に付けてしまわないよう気をつけることが大事です。

アラクマ
服を洗う前は洗濯のタグを必ず確認しよう!
関連記事

衣服の内側についている洗濯表示、目にする機会は多くても意味が分かる方は少ないんじゃないでしょうか。 色々な記号がたくさん書いてあって全部を理解するのは大変ですよね。 でも意味がわかるとスムーズに洗濯ができて、衣服のお手入れもしや[…]

洗濯マーク

衣服の色落ちを修正(染め直し)する2つの方法

色落ちしてしまった衣服を染め直す方法は、大きく分けて2つのパターンがあります。

  1. 自宅で染め直し(セルフ)
  2. 専門店で染め直し(クリーニング)

セルフで染め直し

カラー剤を作る様子

1つ目は、カラー剤を購入して自宅で衣服を染め直す方法です。

最近では衣服の染め直し専用のカラー剤を簡単に購入することができるので、それを使って自宅での染め直しも比較的簡単&安価に行えます。

ただし、服の素材とカラー剤との相性、やり方によってはイメージ通りのにならないこともあったり、色ムラができてしまうリスクもあるので、染め直しを行う際はそのリスクを許容した上で行うことをおすすめします。

アラクマ
料金は安いけど、失敗するリスクがどうしてもあるのと、地味に時間と手間がかかるんだ。

クリーニング店や専門店で染め直し

お店でのドライクリーニング

2つ目は、専門のクリーニング店に衣服の染め直しを依頼する方法です。

クリーニング店の中には、色落ちした衣服の染め直しサービスを行っているお店や、染め直しを専門とに実施しているところもあるので、そういったところにお任せすれば、プロの手で衣服を染め直してもらえます。

自宅での染め直しよりもコストはかかりますが、特に大事な服やスポットでシミなどがついてしまった場合に有効です。

アラクマ
ひどい色落ちや大きなシミがある衣服は、まったく異なるカラーにカラーチェンジもできるよ!

自宅で色落ちした衣服を染め直す場合

ここからは、実際に自宅で衣服の染め直しを行うさいに必要なものや、染め直しの詳しい手順、そしてかかる費用・時間などについて紹介していきます。

染め直しに必ず必要な物:衣服用のカラー剤

まずは市販で売られている衣服用のカラー剤を購入します。

衣服の専用のカラー剤はアマゾンなどのネット通販などで購入可能なので、色落ちしてしまった衣服の元の色・素材に合わせて好みのカラー剤を選んでください。

また、カラー剤には「繊維〇〇gにつき1袋使用」などの文量が記載されているので、染め直ししたい衣服の量に合わせて購入する数を決めましょう。

その他用意するもの

  • ステンレスやアルミ製の大きめの容器
  • ステンレスやアルミ製のボウル
  • ゴム手袋
  • 泡だて器
  • お湯(80度くらいの熱湯)
  • 塩(カラー剤による)

カラー剤の他に用意するものは上記の通りです。

ちなみに、染め直しを行う容器はプラスチック製だとカラー剤の色に染まってしまうため、できるだけステンレスやアルミ、ホーローのものを使用しましょう。

アラクマ
染め直しをする際は、着ている服にもカラー剤が飛ぶ可能性があるから、汚れてもいい服装やエプロンで作業するのがいいよ!

自宅での衣服の染め直し手順

  1. 染め直しを行う服を事前に洗い、濡れた状態にする。
  2. ボウルに指定量の熱湯・カラー剤・塩を入れ、泡だて器を使いしっかりと溶かす。
  3. 大きめの容器に染色用のお湯を入れ、ボウルのカラー剤を入れてよく混ぜる。
  4. 染め直しをする衣服を広げて容器に入れ、約20分もみ洗い。
  5. 20分ほどつけ置き(ムラにならないように時々かき混ぜる)
  6. 10回以上水ですすいで、カラーが出なくなったら脱水
  7. 陰干して乾いたら洗濯。

主な手順は上記の通りです。

セルフで染め直しをする際は、色ムラが起きやすいのでつけ置きの際はこまめに服をかき混ぜることが大事です。

また、カラー剤を溶かす液体に熱湯を使用するため火傷には十分気を付けてください。

アラクマ
染めた後の衣服は色落ち・色移りがしやすいから、染めた後しばらくは単独で洗った方がいいよ!

自宅での染め直しにかかる費用と時間

トータル費用 約1,000円くらい
クリーニングにかかる時間 1~3日くらい

セルフでの染め直しにかかる費用は、カラー剤と備品の価格でおおよそ1000円前後。

カラー剤の価格は1袋500~1,200円程度で、使用する備品もほとんどのものが100円ショップで手に入ります。

コートなどの場合1~2袋で染め直しが出来るので、トータル1,200円ほどで染め直しが可能です。

染め直しの作業にかかる時間は大体1時間半程度で、脱水から陰干しで完全に乾くまでには1~3日程かかります。

アラクマ
セルフでも染め直しは価格が安くて期間も短いけど、正直手間はかかるね!

専門のクリーニング店で染め直しを依頼する場合

クリーニング店の中

続いては、専門のクリーニング店で染め直しを依頼する際の染め直しの種類の内容や、費用・時間について紹介していきます。

クリーニング店で実施する染め直しの種類

名前 内容 最適な服
単色カラー 元の色が濃い衣服や、どうしても落ちないシミが付いてしまった服を単色で染める
費用は安いが完璧には色は戻らない
黒・紺などの単色系の服
オリジナルカラー 衣服ごとに染料を調整して、元の衣服の色合いに近づける 薄めのカラーまたは大事な服
カラーチェンジ 色落ちがひどい場合や、印象を変えたい場合に、元の服色と異なるカラーに変更する 色を変えたい服
補色 革製品の色落ちなどを全体もしくはスポットで修正 靴やカバンなどの革製品

クリーニング店で染め直しをする場合は、上記のように希望に合わせて豊富な染め直しのオプションを選べます。

自宅での染め直しと比較すると、こちらはプロが実施してくれるので、仕上がりのクオリティは高く色ムラなどのリスクも少ないです。

アラクマ
ただ、仕上がり後のイメージが違ったりしてトラブルになることもあるから、お店に依頼する際は事前にその辺りをしっかりとチェックしておこう!

クリーニング店での染め直しにかかる費用・料金

種類 費用 期間
単色カラー 5,000~8,000円 2~3週間
オリジナルカラー 10,000~12,000円
カラーチェンジ 15,000~20,000円
補色 3,000円~(サイズによる) 2~4週間

クリーニング店での染め直しにかかる料金や時間は上記の通りです。

いずれも価格は高めですが、仕上がりも出してから大体2週間~1カ月ほどと長いですが、その分、お気に入りの服を長い間着続けることが可能です。

アラクマ
大事な服ならクリーニングに出して染め直しをしてもらおう!

衣服の色補正が可能な宅配クリーニング3社

社名 襟の色補正 全体の色補正 日数
ランドリーバスケット 2,000円 6,000~16000円 30日
ワードローブトリートメント
キレイナ 6,000円~ 27,000円~ 30日
※ワードローブトリートメントは、実際に検品してから見積もりで料金や日数が確定します。

ランドリーバスケット

Laundry-Basket

ランドリーバスケットの特殊シミ抜き「匠の工房」では、国家資格を持った熟練の職人が、衣服の状態や素材の特性などを見極めて最適な方法で作業を行います。

シャツの黄ばみや鮮やかなブラウスの色移り・色落ちなども匠の技術で丁寧に色補正をして甦らせてくれます。

料金は、クリーニング料金1着1,000円(ダウンやコートは1着3,000円)にプラスして色補正の料金となります。

衣服全体の色補正以外は、衣類の種類や部位に関係なく全て2,000円で色補正が可能なので、とても良心的な金額と言えます。

ワードローブトリートメント

ワードローブトリートメントトップページ

高級衣類やデリケート素材を得意とするワードローブトリートメントでは、カシミアなどの高級素材や色の濃い衣類についたシミを最高の技術で取り除き、色補正します。

すでに日数が経ってしまったものや、色補正が難しいといわれるナイロン・革製品、また絹素材の着物も卓越した確かな技術でキレイに仕上がると評判です。

料金や日数は、実際の衣類の状態を確認してから見積もりで知らせてくれます。

キレイナ

キレイナ

高級ダウンやウエディングドレスなどの特殊衣類を得意とするキレイナでは、衣服の修復・修理も幅広く行っています。

料金も細かく分かれており、色補正は3,000円~、色移り1,800円~、シミ黄ばみ1,200円~となっており、これに衣服のクリーニング料金がプラスされます。

一般衣類の他にレザー衣類やブランド品といった、幅広い製品の色補正などを対応しているのが特徴です。

関連記事

今回、冬に着たアウターやしばらく着ていなかったブラウスなど計3点を、高級宅配クリーニングの「キレイナ」に出してみました。 注文から返却までの全体の流れや、一般クリーニング店との仕上がりの違いなどをレポートします! アラク[…]

キレイナ

カラーチェンジが可能な宅配クリーニング

リナビス

リナビス

創業60周年リナビスの「革製品専門宅配クリーニング」には、皮革・ブランド品のクリーニング・メンテナンス・修復・仕上げがセットになった「皮革・ブランド品専用コース」があります。

この「皮革・ブランド品専用コース」は衣類・バック・靴・財布(小物)の4つのクリーニングコースがあり、バッククリーニングコースのみカラーチェンジが可能です。

カラーチェンジは7,500円の有料オプションとなっており、これにバッククリーニングコースの2,4000円をプラスした金額が合計となります。

バッククリーニングに24,000円は高いと感じるかもしれませんが、クリーニング(洗い)からキズや擦れの修復、色補正、仕上げまで 全てがセットになっているので、それを加味するとかなりお得でしょう。

注意点として、カラーチェンジは濃い色から薄い色へのチェンジはできないということを頭に入れておきましょう。

関連記事

「宅配クリーニング」はお店に出向かなくても家にいてクリーニングが利用でき便利だと評判は耳にしますが、実際に体験してみないとその良さは中々わかりません。 ちょうど衣替えをしてクリーニングに出したい衣服がまとまっていたので、今回思い切って[…]

リナビス

色落ちした衣服を染め直す際の注意点

詰まれた衣服

色落ちした衣服を染め直す際に気をつけたいポイントは以下の通りです。

  • 洗濯表示や素材を事前に確認
  • パーツや金具は事前に取り外す
  • シミや汚れは事前に出来るだけ除去

洗濯表示や素材は事前に確認

染め直しができる衣服 染め直しが難しい衣服
綿 、麻 、レーヨン 、キュプラ 、リヨセル 、シルク 、ウール 、ナイロンの素材が多く含まれている衣服 撥水加工、樹脂加工 、 ゴム加工、ポリウレタン加工のいずれかがされている服

衣服の素材によっては染め直しをしても染料が入らない繊維があります。

また、上記以外にもポリエステルが使用されている衣服は特殊な染め直しが必要で、糸や一部箇所に使用されている場合は、ポリエステル部分だけ染まらない場合がありますので注意しましょう。

パーツや金具は事前に取り外す

コートやドレスなど、パーツが付いている衣服を染め直し依頼する場合には、事前にすべて取り外しておきましょう。

パーツの素材によっては変色の恐れがあるので、染め直しの際には必ず取り外し、どうしても取り外しができないものは、クリーニング店や専門店に相談しましょう。

シミや汚れは事前に出来るだけ除去

染め直しを行う前は、衣服できるだけ綺麗な状態にしておきましょう。

基本的には染め直しを行う前には、手洗いなどで可能な限り衣服をキレイにしておけば十分ですが、事前にクリーニングでシミ抜き処理をを行っていたりすると、シミ抜きの溶剤と染め直しの溶剤が化学反応を起こして、色ムラが発生するリスクがあるのでその点には注意してください。

関連記事

食べこぼしなど不注意でつけてしまった衣服のシミに頭を悩ませたことはありませんか? 今回は衣服についたシミの落とし方について、シミの種類別にさまざまな方法と解説します。 シミ抜きができるおすすめの宅配クリーニング情報も併せて紹介し[…]

こぼれたワイン
関連記事

真っ白なシャツなど、着続けているうちに黄ばみが気になってきたということはありませんか? 今回は衣服の黄ばみの落とし方について、原因や自宅で出来る落とし方などを詳しく解説します。 黄ばみをキレイにするおすすめの宅配クリーニングも併[…]

黄ばんだシャツ

自宅と専門クリーニングの染め直しの比較

染めている様子2

自宅 専門クリーニング店
染め直し方法 カラー剤のみ 衣服の種類・用途によって豊富
費用 1,000円前後 5,000~15,000円
期間 2~3日間 2~4週間
メリット 短期間かつリーズナブル 元通りに近い仕上がり
カラーチェンジも可能
デメリット 手間がかかる
染色後のケアが大変
染めムラや失敗のリスクが高い
費用と時間がかかる
おすすめの服 単色系のTシャツ 大事な服

最後に自宅での染め直しと、専門のクリーニング店で行う方法を比較すると、両者の特徴はこんな感じになります。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、上記の表を参考に、手持ちの衣服に合った染め直しの方法を見つけていってください。

アラクマ
服の種類や費用に応じて試してみたいほうを選んでね!

宅配クリーニングのランキング

どの宅配クリーニングを選べば良いのかわからないという方向けに、ニーズや料金に合わせておすすめする宅配クリーニングランキングを紹介します!