クリーニングに出す頻度はどれくらいがベスト?種類別の最適な頻度を解説!

普段着ている衣類には、自宅で洗えるものとそうでないものがありますよね。

一般的に自宅で洗えない場合はクリーニングに出すことになりますが、衣類の種類や状態によってクリーニングに出す頻度はそれぞれ違うんです。

正しいクリーニングの頻度を知り、衣服に合ったクリーニングを実践していきましょう。

アラクマ
この記事では衣服別のクリーニングの頻度の目安を解説してるよ!

衣服のクリーニングの頻度の目安とは?

まずは基本的なクリーニングの頻度の目安の知識を解説します。

衣服の種類・状態によってクリーニングの頻度の目安は異なる

黄ばんだシャツ

クリーニングに出す頻度の目安は一般的には下記のように、

  • 頻繁に着る服=1ヶ月に1回
  • あまり着ない服=着用後すぐ

で考えますが、もちろん衣服の種類・状態・ライフスタイルなどによって異なります。

よく着る衣服をその都度クリーニングに出せば生地が傷みやすくなりますし、反対に忙しいからと言って付いた汚れをそのままにすれば黄ばみ・黒ずみの原因になるので、衣服の状態や着用頻度でクリーニングに出すタイミングを考えることが大事です。

クリーニングに出すべき衣服とは

さまざまな服

まず以下のような衣服はクリーニングに出したほうが良いです。

  • 洗濯機など家庭で洗うことが出来ない服
  • スーツや制服など型崩れしやすい服
  • シャツなどの黄ばみやすい服
  • 年に数回しか着ない服
  • 高級な服や特殊な素材を使用している服

基本的にこうした服は「着用後に汚れが気になる」と感じた時がクリーニングに依頼するタイミングです。

衣服の汚れは時間が経つほど落ちにくくなってしまうため、「時間が無くてなかなかクリーニング店に行けない!」という人は24時間受付可能である宅配クリーニングのリナビスなどを利用するとよいでしょう。

関連記事

「宅配クリーニング」はお店に出向かなくても家にいてクリーニングが利用でき便利だと評判は耳にしますが、実際に体験してみないとその良さは中々わかりません。 ちょうど衣替えをしてクリーニングに出したい衣服がまとまっていたので、今回思い切って[…]

リナビス

種類別のクリーニング頻度

クリーニングに出すことの多い衣服の頻度と、おすすめのオプションは下記の通りです。

種類 頻度 おすすめのオプション
スーツ 夏場:2週間に1回

それ以外:1シーズンに1回

夏場:汗抜き加工

冬場:静電気防止加工

コート シーズン中に1~2回

シーズンの終わり

撥水加工
ワイシャツ 1カ月に1回 しみ抜き
ズボン 礼服の場合:着用後すぐ

普段用のズボン:2週間~1カ月に1回

あまり履かないズボン:折り目が薄くなってきた頃

折り目加工

撥水加工

ワンピース 冠婚葬祭用やおしゃれ着:着用後すぐ

長期間保管してたもの:着用前・着用後

プリーツがある場合はプリーツ加工
着物 着用後すぐ しみ抜き

汗取り

アラクマ
下で種類別に詳しく解説してるので気になるものをチェックしてみてね。

スーツをクリーニングに出す頻度

クローゼットに並んだスーツ

  • 夏場=2週間に1回
  • 夏場以外=1シーズンに1回

夏場はスーツが汗で汚れてしまうため、他のシーズンに比べるとクリーニングの頻度は多くなりますが、あまり頻繁に洗いすぎると生地が傷んでしまうので2週間に1回の頻度でクリーニングに出すことが望ましいです。

またクリーニングに出す際は、ネクタイなどの小物類も一緒に出しておくようにしましょう。

オプションを付ける場合、夏場は汗で汚れやすいため汗抜き加工、冬場はホコリや花粉を寄せ付けない静電気防止加工がおすすめです。

コートをクリーニングに出す頻度

コートのアップ

  • シーズン中に1~2回
  • シーズンの終わり

一見汚れが目立たなくても、1シーズン着たコートはかなり汚れているので、シーズンの終わりにはクリーニングに出しましょう。

特にダウンコートは自宅などで洗ってしまうと保温効果が落ちてしまうため、お手入れは必ずクリーニング店で行ってください。

クリーニングの際は撥水加工のオプションを付けておくと、雨や雪を弾くのでより汚れにくくなるのでおすすめです。

関連記事

寒くなるとコートを着る機会が増えると思いますが、コートのクリーニングはどうしていますか? クリーニングに出すタイミングや、着ない間の保管方法など、コートを長い間キレイに着るためにはいくつかのポイントがあります。 今回はコートのク[…]

コートを着た女性

ワイシャツをクリーニングに出す頻度

クリーニングされているシャツ

  • 1カ月に1回

ワイシャツは家庭でも洗濯できますが、洗濯機では落としきれなかった汚れが黄ばみや黒ずみに変化することがあるので、1カ月に1回はクリーニングに出しましょう。

特に柄物のシャツや特殊素材のシャツは、家で洗うと変色などの恐れがあるため着用後はクリーニングに依頼するほうが安心です。

汚れがついてしまったシャツやブラウスをクリーニングする際は、通常のクリーニングでは汚れが落とし切れない場合があるため、シミ抜きのオプションメニューを付けておくことをおすすめします。

ズボンをクリーニングに出す頻度

ズボン

  • 礼服のズボン=着用後すぐ
  • 普段用のズボン=2週間~1カ月に1回
  • あまり履かないズボン=折り目が薄くなったり、シワが目立ってきたら

ズボンをクリーニングするタイミングは、着用頻度で考えるのがおすすめです。

スーツやモーニングなど、きちんとした場面で着用するズボンには折り目加工のオプション、普段用ズボンの場合は撥水加工のオプションを付けておくことで足元の汚れを防ぐ効果が期待できます。

ワンピースをクリーニングに出す頻度

服を迷う女性

  • 冠婚葬祭用やおしゃれ着=着用後すぐ
  • 長期間保管していたもの=着用前にも

冠婚葬祭などで着用するワンピースは基本的に着用後すぐにクリーニングに出しましょう。

おしゃれ着のワンピースは繊細な生地を使っていたり、装飾が施されているものが多いためクリーニングに出した方が安心ですし、破損や型崩れを防ぐことができます。

長期間袖を通していないワンピースは、シワやカビが発生してる場合もあるので、着用前にもクリーニングに出しておきましょう。

スカートにプリーツがある場合は、オプションでプリーツ加工を付けておくと仕上がりがキレイです。

関連記事

仕事や冠婚葬祭、ちょっとしたパーティーから学校にプライベートまで、さまざまなシーンで着用するスカート。 普段のスカートのクリーニングはどのようにしているでしょうか? 今回はスカートのクリーニングについて気になるクリーニングの頻度[…]

着物・浴衣をクリーニングに出す頻度

着物を着ている女性達

  • 着用後すぐ

着物・浴衣も着用後はすぐにクリーニングへ出しましょう。

夏場などたくさん汗をかいた場合は、汗取りのオプションを追加しておけば生地の変色を防ぐことができ安心です。

最近は自宅でも洗えるものがありますが、キレイな状態を保つためには最低でもシーズンの終わりに1度はクリーニングに出すことをおすすめします。

関連記事

長く美しく着物を着るためには、着物の素材や種類に合わせたクリーニングが必要になってきます。 着物のクリーニング料金相場も着物の種類や素材、洗い方によって大きく異なりますし、着物を長持ちさせるためにはクリーニング後の保管やお手入れも重要[…]

着物を着ている女性
関連記事

夏に欠かせないアイテムの浴衣ですが、実は思っているよりも汚れやすいアイテムだということを知っていますか? 縁日などの夏のイベントで着用することの多い浴衣は、汗染みや食べこぼし、泥はねなど、さまざまな汚れが付着しています。 今回は[…]

浴衣の女性の後ろ姿

クリーニングに出すタイミングの注意点

クリーニングを依頼する際は、以下の2点に注意しましょう。

  1. 長期保管していた服は着る前にクリーニング
  2. クリーニング店の繁忙期を把握する

長期保管していた服は着る前にクリーニング

洋服を見ている女性

クローゼットに長期間保管していた衣服は着用前に一度クリーニングをしましょう。

クローゼットや衣装ケースの中は思ったよりも湿度があり、気付いた時には虫食いやカビが発生している場合があるので、長い間保管してきた衣服は点検・補修という意味でも着用前にクリーニングに出したほうが良いでしょう。

また自宅での保管状態が不安な人は、長期間の保管サービス付きのクリーニングを依頼することで、衣服に最適な空間で保管出来るだけでなく、クローゼットの省スペースにもなります。

関連記事

保管クリーニングとは、クリーニングに出した布団や衣類を一定期間そのまま店舗で保管してもらうサービスのことを言います。 こういった保管サービスは、今まで実店舗でしか依頼することが出来ませんでしたが、最近ではネットで注文し、保管・配送を行[…]

ハンガーに吊るされている洋服

クリーニング店の繁忙期を把握する

時期 気温の目安
春服への衣替え 4月上旬 15~20度
夏服への衣替え 5月~6月 20~22度以上
秋服への衣替え 10月初旬 20~15度
冬服への衣替え 11月~12月 15度以下

クリーニング店は基本的に衣替えのタイミングが繁忙期です。

繁忙期の場合は、お店によって仕上がりの日数が長くなったり、着たい時にクリーニングが仕上がらず特急料金を追加する羽目になることもあるので注意が必要です。

繁忙期にクリーニングを依頼する場合には、ある程度スケジュールに余裕を持たせるか、繁忙期をずらしてクリーニングに依頼するようにしましょう。

特に3月下旬~5月上旬頃は、衣替えと卒入園式などのイベントが重なるため、なるべく早い段階でクリーニングに出すことをおすすめします。

クリーニング頻度を把握して衣服を清潔に長持ちさせよう

室内に干した白いシャツ

最後に今回紹介したポイントをもう一度箇条書きでまとめます。

  • 衣服の種類によってクリーニングの頻度は異なる
  • 汚れが気になると感じた時がクリーニングのタイミング
  • オプションなども合わせて利用する
  • 長年着ていない服は着る前にクリーニングする
  • クリーニング店の繁忙期はなるべく避ける
  • 忙しくて時間がない人は宅配クリーニングがおすすめ
アラクマ
生活スタイルに合わせてクリーニングの頻度を把握しておくのが大事だよ!

宅配クリーニングのランキング

どの宅配クリーニングを選べば良いのかわからないという方向けに、ニーズや料金に合わせておすすめする宅配クリーニングランキングを紹介します!